瞑想

生を映画としてとらえる

 この生すべてをつくり話として、物語としてとらえなさい。ひとたびあなたがこのように生をとらえたら、たとえ同じ生でも、あなたは不幸ではないだろう。不幸は、深刻すぎることから来る。7日間、試してみることだ。7日間、ただひとつのこと――世界全体はただのドラマだ――を、覚えておきなさい。するとあなたは、二度と同じではない。たった7日間だ! あなたはほとんど何も失わない。なぜなら、あなたは失うものなど何も持っていないからだ。


 試してみるがいい。7日間、すべてをドラマとして、ただの映画としてとらえなさい。


 この7日間は、あなたの仏性や内なる純粋さへの、多くの一瞥を与えてくれるだろう。そしてひとたびあなたがその一瞥を持ったなら、あなたは二度と同じではあり得ない。あなたは幸福だ。そしてどんなタイプの幸福があなたに起こり得るか、あなたには想像もできない。なぜなら、あなたはどんな幸福も知らないからだ。あなたは不幸の程度しか知らない――時にはあなたはもっと不幸で、時には少し不幸だ。そして少し不幸なとき、あなたはそれを幸福と呼ぶ。


 あなたは、幸福とは何かを知らない。あなたが知るはずはない。世の中をそんなにも深刻にとらえる観念を持つとき、あなたは幸福とは何かを知らない。この世はただのつくり話だという心構えに根づく時にのみ、幸福があなたに起こる。


 だから、これを試してごらん。すべてをとても陽気なやり方で、祝いに満ちて、それぞれの「行為」を実際のことではないかのように行ないなさい。もしあなたが夫なら、それを演じなさい。夫の役を演じることだ。もしあなたが妻なら、妻の役を演じなさい。それをただのゲームにするがいい。そしてもちろん、そこにはルールがある。どんなゲームも、ルールが必要だ。結婚はルールだし、離婚もルールだ。でも、それを深刻にとらないように。それらはルールだし、ひとつのルールが別のルールを生む。離婚は不運だが、なぜなら結婚が不運だからだ。ひとつのルールが、別のルールを生んだ! でも、それらを深刻にとらえないようにしなさい。そしてその時、いかに直ちにあなたの生の質が変わるかを見るだろう。


 まるであなたがドラマの一部を演じているかのように、妻や夫や子どもたちにふるまいなさい。そしてその美しさを見てごらん。もしあなたが役割を演じているのなら、うまく演じようとするだろうが、あなたは邪魔されないだろう。その必要はない。あなたは役を演じ、眠りにつくだろう。でも、それは役だということを覚えておきなさい。そして7日間、継続的にこの心構えに従いなさい。


 その後で、幸福はあなたに起こり得るだろう。そして一度、幸福とは何かを知ったら、あなたは不幸の中に動いていく必要はなくなる。なぜなら、それはあなたの選択だからだ。あなた自身が生に対する間違った心構えを選んだせいで、あなたは不幸だ。正しい心構えを選ぶなら、あなたは幸福でいられる。ブッダは「正しい心構え」に、とても多くの注意を払った。彼はそれを基礎に、土台にした。「正しい心構え」――それはいったい何だろう? その基準とは何か?  私にとっての基準は、これだ――あなたを幸福にするなら、それは正しい心構えだ。客観的な基準はない。あなたを不幸に、惨めにするものは、悪い心構えだ。基準は主観的だ――あなたの幸福が、基準になる。


Vigyan Bhairav Tantraより一部引用

OSHO

http://www.osho.com/ja/meditate/meditation-for-busy-people/life-as-a-movieより引用


瞑想とは

遊び | OSHO | Meditation - Mindfulness and the Science of the Inner

瞑想は心(マインド)のものではない、それは心を超えたものだ。最初の一歩はそれに遊びごころをもつことだ。それに遊びごころをもてば、マインドはあなたの瞑想をだいなしにできない。そうでないと、それは瞑想をもうひとつのエゴトリップに変えてしまう。それはあなたをとても深刻にしてしまう。あなたは考えはじめる、「私は偉大な瞑想者だ。私は他の人たちより神聖で、世界中の人たちはじつに世俗的だ――私は宗教的だ、私は徳が高い」――それが数多くのいわゆる聖者、道徳家、禁欲家たちに起こったことだ。彼らはエゴのゲーム、微妙なエゴのゲームを演じているにすぎない。  だからこそ私は最初の最初からそのまさに根を断ちたい。それに遊びごころをもちなさい。それは歌をうたうようなこと、ダンスを踊るようなことだ。それを楽しみと受けとめれば、あなたは驚くだろう――瞑想に遊びごころをもつことができれば、瞑想は飛躍的に進歩し向上する。だが、あなたはどんな目標も追い求めてはいない。あなたはただ静かに坐ることを楽しんでいる、静かに坐る行為そのものを楽しんでいるにすぎない――あなたがヨーガ行者のパワー、シッディ、奇跡のようなものにあこがれているからではない。そういったものはみんな無意味なこと、昔ながらのナンセンス、おなじみのゲームにすぎない。ただ新しい言葉で、新しい場面で演じられているだけのことだ……。 Welcome to the world of OSHO – one of the most influential mystics of the 20th century – whose insights into the science of the inner continue to touch and inspire the hearts of millions of individuals worldwide

OSHO | Meditation - Mindfulness and the Science of the Inner


OSHOアクティブ瞑想について

なぜ、アクティブ メディテーションの必要があるのですか? | OSHO | Meditation - Mindfulness and the Science of the Inner

現代人というのは、全く新しい人間だ。現代人の様な人は、今まで決して存在したことがなかった。だからどんな伝統的なメソッドも、厳密には彼らに用いられない。つまり言ってみれば、すべての伝統的なメソッドは適切でなくなってしまった。 例えば、身体は大きく変化した。とても汚染され、どんな伝統的なメソッドもその助けにはならない。今、地球をとりまく環境全体が人工的だ。大気、水、社会、生活をとりまく状況、何ひとつ自然ではない。あなたは人工的な環境の中で生まれ、その中で育つ。だから伝統的なメソッドは、今日では有害だと証明されるだろう。それらは、現代人にあわせて変化させなければならない。 もうひとつのことは、マインドの質が基本的に変化したことだ。パタンジャリ(もっとも有名なヨガの注釈者)の時代には、人々の人格の中心は頭ではなくハートにあった。それ以前は、ハートでさえなかった。それはもっと低く臍に近いところ、あるいは、臍よりも更に低いところでさえあった。いまや、中心は頭にある。だから、クリシュナムルティのような教えが気に入られるのだ。どんなメソッドも、どんなテクニックも必要ではなく、ただ理解だけだ。しかし、もし言葉の理解、知識だけだとしたら、何も変化せず何の変容も起こらない。それは再び、ただの知識の堆積になる。 Welcome to the world of OSHO – one of the most influential mystics of the 20th century – whose insights into the science of the inner continue to touch and inspire the hearts of millions of individuals worldwide

OSHO | Meditation - Mindfulness and the Science of the Inner